Shop by BASCO

Shop by BASCO

BLOGブログ

/ 2017.06.26

ショップスタッフのリアルスタイル/マイスタイル

それぞれに個性が光るBASCOショップスタッフの着こなし。
いつも会うたびに新しい着こなしにハッとさせられます。

お客様に“素適!”をお届けするために、スタッフ自身がファッションを楽しみ、
輝いていなければならない存在。
そんなスタッフにお題を出してみました。


インドコットンが心地良い「ラモJ」

フロントからサイドにかけて、紐でシャーリングが入った動きのあるジャケット。
紐の絞り具合で長さとボリュームがお好みに調節できるアイテムです。

「わたしなら コレをこう着る。そしておすすめするならどんなコーデ?」
いざ直撃!

お一人目。バスコ赤坂店スタッフUさんのリアルコーデ

ラモJサチャBLトリスPペチパルローズ
「長袖は夏でも必需品。パンツスタイルでもヒップラインをカバーしてくれるロング丈の羽織りは嬉しいですね。」と、Uさん。
少しサルエル風のパンツの下にレースのインナーパンツを穿いてポイント付け!ふと足元に目が行くよう、ラモJの丈を程良い長さに調節しました。

おすすめコーデ

ラモJセプティ
夏のお出かけ用にフレンチスリーブのワンピと合わせました。
ワンピ一枚でもOKだけど、羽織りを着ることできちんと感も演出できています。
袖口もクシュっと無造作に折って粋に着て欲しい夏の羽織りものですね。

お次は Pajarito by BASCO より、Iさんのリアルコーデ

ラモJレレリオトリスパンツ
「優しいグレーのグレンチェックを引き締めるため、インは黒いブラウスを。黒でも涼しい麻素材をチョイス。
デザイン性のあるラモJはシンプルで大人な装いをイメージしました。」
身長は低め(148cmくらい)のIさん。ボトムはサルエルパンツの少し短め丈で肌の出るバランスを意識したとのこと。

おすすめコーデ

ラモJミルドマオPデニム
「ラモJのカジュアルな素材を細身のホワイトパンツや爽やかなブルーのトップスで爽やかなコーデに。
明るいカラーで気分を上げてくれます。柄×柄でもグレンチェックなら合わせやすいですよ」


続いて Pajatiro by BASCOのKさんのリアルコーデ

ドーナツTOPケイタンクボーダーヒューゴパンツラモJ、>
ラモJは何処に??と思いきや、なんと腰に巻くスタイル!
「下半身の体型カバーとして、上をシンプルに、下をあえてボリューミーに見せるよう腰に巻いてみました」
トップスも少し変化をつけて、ボーダー柄を少しだけ覗かせてモノトーンのなかにメリハリをつけています。
新しいファッションへの探究心…素晴らしいです。

おすすめコーデ

ラモJバリノOPペチパルローズ、>
避暑地に行きたくなるようなキレイめワンピースコーディネイト。赤いソックスを差し色につかった足元が軽快です。
遊び心ある小物をプラスして個性を引き出しています。


スタイリングをするときに気に留めている点や気になるファッションについて、
それぞれ聞いてみました。


 Uさん
・そのアイテムをいかに素適に見せるか、を常に考えています。
そのためにはそのアイテムをよく知ることが大切なので、何度も着てみたり、ボディーに着せてみてその特徴を感じ取るようにしています。
まず、新しいファッションを取り入れるときには「着慣れる」「着こなす」「着くずし」この三つをテーマにコーディネイトやおすすめをしています。


 Iさん
・その日の天気やTPOに合わせて、テーマを決めてスタイリングすることが多いです。それによって気分も上がったり、ストーリーが生まれると思うからです。
シンプルなスタイリングが好きで、そこにアクセサリーや帽子、靴バッグでバランスを取ります。
同じ服でもイメージが変わって、他の人と被らないように。それに合わせてネイルやメイクも変化させています。
インスタグラムやWEARなどのアプリで他の人のコーディネイトを見たりして着崩しや「私だったらこうしたい」とイメージしながら楽しんでいます。


 Kさん
・全体のバランスをみて小物やアクセサリーで色味やインパクトをプラスすることが多いです。
そして服はシンプルにかっこよく。ヘアスタイルやカラーで遊んでいます。




セレクト雑貨や小物もトータルでお楽しみいただける3月にオープンしたショップ 「Pajarito by BASCO」にて話を伺いました。
3人のスタッフのそれぞれの個性を感じつつ、ファッションが好き!ファッションは楽しい!そんな気持ちでいっぱいになりました。

※一部販売終了した商品の掲載があります ご了承ください。



一覧へ戻る

最新記事new article

カテゴリーcategory

過去の記事archives

2017 年
2016 年

BRAND LIST